英語でSpeechする方法-How to make a good speech in English-

ビジネス英語編

みなさんは英語でスピーチをしたことがあるでしょうか?

急にやれって言われてもなかなか難しいですよね。でもいつかはそういう機会も来るかもしれません。

うみほたる
うみほたる

僕は前職時代に外部の長期英語研修に参加したときに生徒代表で卒業スピーチをしたことがあるよ!

というわけで今回は実際に僕がスピーチした全文を(大変恥ずかしながら)惜しげもなく公開してポイントとなる表現などを解説していきますよ~!

英語のスピーチで使われる表現を実例で解説します!よかったら参考にしてみてください。

この記事ではこんなことが得られます。

  • Speechでよく使われる表現
  • Speechする際のポイント

Speech全文

早速ですが、僕が実際にしたSpeechの全文を公開します。人物名などは全て仮名に変えておりますので、ご了承ください。

Good afternoon, ladies and gentlemen, President Suga. It is my honor to make a speech and express my appreciation of you here. First of all, on behalf of my dear friends, I would like to express our thanks to Ms. Cruz, Ms. Chang, Mr. Jones and all teachers, and also Ms. Sakamoto, Mr. Ono and all staff who kindly supported us during this program. I also would like to show my gratitude to our companies for giving us such a wonderful opportunity to improve our English.

 I remember July 6th when I met Mr. Jones and these ladies and gentlemen for the first time. On the first day, we promised to use only English all the time during this program, and finally, we succeeded to keep our promise. We always spoke in English, even in lunch time and in private. I believe that our diligent attitude to studying English contributed to our progress.

 When I decided to take part in this program, I was feeling both anxious and excited. And again I remember the entrance exam, which completely made me lose my confidence about English. I was so shocked to see my weak results. But it enabled me to change my mind and bolstered my enthusiasm. And also, I had such competitive classmates and trustful teachers in this program that as a result, I can feel a dramatic growth in my English ability compared with the beginning of this course, especially in my skill at speaking confidently in front of others.

  Additionally, it was our fortune that we were such a small group meaning that we could experience more intensive institution than usual. I was very happy to get much more attention from our teachers. And, we had a lot of irreplaceable memories for a half years we spent together.

I am so proud to graduate today with these classmates. However, at the same time, I feel melancholy in my heart. We will go our different ways and move on to the next stage of our lives and careers. However, I believe our friendship will continue into the far future.

Now, I am so sure that we achieved great progress in this program in not only our English ability, but in also some important business skills such as debate, negotiation, presentation and communication. And I strongly believe that this experience will be helpful for our business and our lives.

The days we spent in this college, all the memories during our a half year, and all people I met here are my treasure. I would like to express my sincere gratitude once again to all teachers, all staff and all my new friends. I am profoundly grateful to all of you and wish you happy and successful lives.

Thank you very much for your kind attention.

Speech特有の表現の解説

・It is my honor to do

“~することを嬉しく思います”, “~できて光栄です”という時の定型表現です。非常に汎用性が高いので覚えておいて損はないでしょう。少々大袈裟感のある表現なので、日常的には”I am pleased to do”のような表現で代用するとよいと思います。

・on behalf of…

“~を代表して”という表現ですね。これは普通のビジネスメールやもちろん日常会話でも使うことがありますね。I send this e-mail on behalf of Mr. Aoyama. (青山さんの代わりにメールをお送りします)みたいな使い方ができます。

・our diligent attitude

直訳すると”私たちの勤勉な態度”という意味ですね。特段定型句というわけではないので覚える必要はないですが、ちょっとスピーチっぽい部分だったので抜き出してみました。

・I am (so) sure that…

“私は~を確信している”, 要するに”I think”や”I believe”を強調した表現ですね。これもスピーチ特有の表現ではないですが、大統領のスピーチとかにたくさん出てくるイメージがありますね。

・express my appreciation (to)…

・express my thanks to…

・show my gratitude to…

・express my sincere gratitude to…

・be profoundly grateful to…

一気に書きましたが、全部同じ意味です。めちゃくちゃ言い換え使ってますね。Speechでは同じ表現を連発するのが好まれない反面、とにかく感謝を伝えまくる必要があるので、必然的にこういうことになります。sincereやprofoundlyはどちらも強調の表現ですが、これらもかなりformalな表現ですね。日常会話で使うとちょっと引かれる可能性があるので気を付けましょう。

ちなみに以前に感謝を表す表現という記事も書いているので、そちらも是非参考にしてみてください。

こんなところでしょうか?他にも気になる表現があれば是非教えてください。

続いて、僕がこのスピーチを練習するに当たり、指導されたことを2つ紹介します。

Speak with confidence

要するに自信をもって話しましょうということです。あまり英語とか日本語とか関係ないと思いますが、堂々と聴衆に目配せしながら、ゆらゆら揺れたりせず背筋を伸ばして、余裕をもって話しましょうと言われましたね。

いや、結構ハードル高いな!と思いましたが、何度も練習することで本番では非常にうまくいったと思っています。何事も反復練習あるのみです。

Speak with gestures

もう一つ気をつけるべきなのがgesture、つまり身振りや手振りを存分に使って話すということです。これはTED talksとかを見たことがある人はわかると思いますが、優れたpresenterは身振り手振りを有効に使っています。とはいえ、ここで例に出したのはプレゼンではなく、卒業スピーチなので、そこまで大袈裟にする必要はないですが、

The days we spent in this college, all the memories during our a half year, and all people I met here are my treasure.

このtreasureのところを特に強調し、自身の胸に手を当てるというようなgestureは取り入れました。他にも人の名前を呼ぶときにはその人の目をよく見て頷くようにするとか、

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は英語でのSpeechについて、実際に僕が行ったSpeechの全文を公開(処刑)したうえで独特の表現などについて解説しました。

ちなみにNativeの先生にチェックしていただいたとは言え、基本的に僕が書いた文章なので、おかしいところはたくさんあるかと思います。気づいた点があったらコメント欄で教えてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました!何かわからないことがあればコメント欄に書いていただけると嬉しいです!

















コメント

タイトルとURLをコピーしました