テレワーカー必見!オンライン会議で使う英語表現8選!!

ビジネス英語編
うみほたる
うみほたる

今日はオンライン会議でよく使う英語表現を紹介するよ!

うみほたる
うみほたる

僕はほぼ毎日海外とオンライン会議しているよ!!みなさんはどうですか?

まだまだテレワークは普及していきそうなので、海外の人と会議する際などには参考にしていただければ嬉しいです!!

この記事ではこんなことが得られます。

  • オンライン会議でよく使う英語表現
  • テクハラについて(注意喚起!)

オンライン会議で使う英語表現8選

聞こえていますか?

Can you hear me?

特に互いに同じ空間にいないオンライン会議ではまず相手に自分の声が聞こえているのかが気になってしまいますね。

そんなときに使う頻出表現です。

ミュートになっていますよ

You are on mute.

“ミュート”という言葉は日本語でもすっかり定着した気がしますが、元々は沈黙とか無言という意味です。

定型表現化しているので覚えておいて損はないですよ!

ミュートのまま喋っていました

I was talking to myself.

上記のミュートになってますよ、に対する返しの表現です。

直訳すると自分に話しかけていました(=独り言を言っていました)。ちょっとジョーク混じりっぽい言い方ですが、実際よく耳にする表現です。

I was on mute.

でももちろんOKです。

もう一度言ってください

Sorry, I couldn’t catch what you said.

雑音が入ったり、相手のマイクが遠かったりで聞き取れないこともしばしば。そんなときはこう言いましょう。

I didn’t get your point, could you repeat/explain again?

あるいは聞き取れたけど、よくわからなかったときはこんな感じの表現がオススメです。

画面共有します

Please let me share my screen.

オンライン会議ならではですね。画面共有機能は本当に便利です。機能も英語も使いこなしましょう。

Can you see my screen?

見えているか確認するときはこんな言い方で。

回線不良ですみません

Sorry, something is wrong with my internet connection.

It is because my connection is unstable.

これもオンライン会議あるあるですね。回線不良はテレワーカーの永遠の悩みです。ただし、都合が悪いときに回線のせいにするのはやめましょう(笑)

変な音が入っています

I can hear something behind you.

オンライン会議をしていると別の人の声が聞こえたり、議事録を取っているであろう人のタイプ音が聞こえたりして、話している人の言葉が聞き取れないことがあります。

I can’t catch it due to noise.

シンプルに雑音が入っているときはこんな感じでしょうか。

会議を終わります

That is all for today.

That concludes this meeting.

オンライン会議に限らず使えます。会議の進行をやっていると以外と締め方がわからないという人も多いので是非覚えておいていただければと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は今波に乗るオンライン会議での英語表現を紹介しました!

オンライン会議の機会は今後ますます普及していくでしょうし、僕のように海外企業とのコミュニケーションが必須の仕事にとってはなくてはならないツールです。

一方で、こういったオンラインツールなどのリテラシーは若い人の方が高く、中高年世代のリテラシーの低さを揶揄することをテクハラ(テクニカル・ハラスメント)というそうです。

くれぐれもテクハラに気を付けながら、よいテレワークを!

うみほたる
うみほたる

最後までお読みいただきありがとうございました!

何かわからないことがあればコメント欄に書いていただけると嬉しいです!

















コメント

タイトルとURLをコピーしました