1歳半健診で心掛けるべきこと~パパ視点~

育児

今回は育児をする上で避けて通ることはできない1歳半健診の話をします。

うみほたる
うみほたる

1歳半健診はある意味新米のパパ・ママにとって最初の試練みたいな意味合いがあるね。

うみほたる
うみほたる

今回は一緒に乗り越えるためにパパ視点で心掛けるべきことを解説します!

※なお、今回は働くパパ視点で語りますが、昨今このパパとママの役割が逆だったり、協力している家庭も多いかと思いますが、それを理解した上で書いていることをご了承ください。

初めての1歳半健診に向けて、パパ視点で心掛けるべきこと!

この記事ではこんなことが得られます。

  • 1歳半健診って何?
  • 1歳半健診でパパ視点で心掛けるべきことや取るべき対応

1歳半健診とは?

自治体により異なるものの、ほとんどの自治体では定期的に健診があり、受ける時期の月齢によって7ヶ月健診、10ヶ月健診、1歳半健診といった感じで呼ばれます。7ヶ月健診が10ヶ月健診はほとんど身長や体重を測るのみで、首がすわっているか、自分で座れるかといったことも少しは見られますが、基本的には身体測定だと思ってOKです。

1歳半健診は成長を見る最初の機会

一方、1歳半健診では子供の運動能力、知能などの成長を見るのが主目的になっています。

これも自治体により異なりますが、多くの自治体で行われているのは以下のような内容です。

  • 問診

日ごろの生活状況や成長の様子を聞かれたり、実際に子どもに話しかけて反応や様子を見られます。

  • 積み木や指差しの確認

積み木をうまく積むことができるか、言葉を理解して指差しができるか、意味のある言葉(特に名詞)が言えるか、といったようなことをチェックされます。ちなみに赤ちゃんがよく喋る意味のない言葉は喃語(なんご)と呼ばれて区別されています。これらは発達障害などの有無を確認するために行われるようです。

  • 歯科検診

歯科医師による乳歯の確認や嚙み合わせなどの確認、歯磨きの指導などが行われます。徐々に乳歯が生え始めてくる頃で、日ごろの歯磨きの仕方などに問題がないかチェックするのが目的です。

  • 身体測定

今までと同じですが、身長や体重、頭囲などを測定します。他にも音や光に対する反応なども見られることがあるようです。

1歳半健診を終えて泣いて帰ってきた妻

さて、ここからが本日の記事の本題です。なんと1歳半健診を受けさせた娘を連れて帰ってきた妻が号泣し始めました。これには在宅勤務で昼ご飯を食べようと思っていた矢先だった僕は非常に驚きました。

どうしたのか聞くと、「健診で保健師さんに非常に厳しいことを言われた」とのこと。「ちゃんと話しかけていますか?」とか「○○が全然できてませんね」とか、そんな感じだったみたいです。

実は妻は1歳半健診に出かける前も非常に憂鬱そうにしていました。というのも、こういうネガティブな体験談ってネットを探すとゴロゴロ出てくるんですね。厳しいことを言われることもよくあるみたいです。どうやら1歳半健診を問題なく通過できる割合は結構低いみたいで、何かしらで引っかかる子が多いようです。

しかし、発達障害の有無は結局のところ3歳くらいにならないとはっきりとわからないので、ほとんどが要観察といったような評価を下されるみたいです。

父親が取るべき対応

まず絶対にしてはいけないのは一緒に落ち込んだり、動揺したりすることです。同様に叱責したり、無関心でいるのも論外です。

僕の場合、妻が日ごろから娘に話しかけていたり、言葉を一生懸命に教えたり、積み木の練習をしたりといったことを見ていました。もちろん僕自身もやっていましたが、圧倒的に妻の方が子供を見ている時間が長いですし、貢献度は全く異なると思います。

そういった日ごろから見ていたことを素直に伝えましょう。保健師さんは所詮は1歳半健診の数分の時間でしか判断できません。その判断には明らかに限界があります。しかし、当事者であるお母さんはプロである保健師や医師の判断が全て正しいかのように誤解してしまっている人が一定数いるように(色々なブログなどの体験談を読んで)思いました。

この誤解を解いて、母親として間違ったことをしていないと説明してあげるのは父親であるあなたの役目です。もちろん何か問題があるならそれを正すように話すのも必要かもしれませんが、できればそれは別の機会にしましょう。落ち込んでいる人をさらに追い込むようなことをするのは逆効果です。

余裕があれば一緒に行きましょう

今回、僕の反省として1歳半健診に同行できなかったことが挙げられます。保健師や医師に何か言われるとしても一人で言われるのと夫婦そろっているのとでは大きく違ってくると思います。

仕事で忙しいとしても、取られる時間はせいぜい半日程度ですので、「半休くらいは取れるよ」という人は是非同行することをオススメします。

まとめ

いかがだったでしょうか。1歳半健診に向けてパパ視点で心掛けるべきことを解説しました。

体験談などを読んでいると1歳半健診時に保健師さんから厳しいことを言われることは決して珍しくないみたいです。

彼ら、彼女らも悪意があって言っているわけではないと思いますが、お母さんは我が子への愛情ゆえにそれを過剰に重く受け止めてしまいがちのようです。

無論、軽く受け止めすぎてもいけませんが、冷静に客観的な目線を持つことは非常に重要です。

最後までお読みいただきありがとうございました!何かわからないことがあればコメント欄に書いていただけると嬉しいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました